ベントレー・ミュルザンヌ・スピード

公開 : 2015.05.07 23:50  更新 : 2017.05.29 19:02

さらに速くなったミュルザンヌ。しかしながら、長い歴史を経ることでしか手にできないベントレーならではの資質は全くスポイルされていない。

■どんなクルマ?

ミュルザンヌ・スピードは、最新のフラッグシップ・モデルであるにもかかわらず、半世紀のなかで最もオリジナルのベントレーに近いモデルである。

雷鳴のようなエグゾースト・ノートや、一定の基準を通り越した豪奢さ、さらにはフライング・ハットにゴーグルを組み合わせた貴族の笑顔を思いだすからだ。

しかしだからといって、快適性や機械要素の洗練性はまったくスポイルされていないのが、このミュルザンヌ・スピードの特徴だ。

このクルマに乗ると、ベントレーの長い歴史の中で培った伝統と、モダン・カーとしての資質を、一挙にして、しかもほしいままに手にしているような気持ちになる。

V8エンジンにZF製のトランスミッションを組み合わせる点は、従来のミュルザンヌの同じであるが、出力は25ps、トルクは8%増強されている。

車重は2.7トンに及ばんとするにもかかわらず、0-100km/hタイムも0.4秒短縮され、最高速度は10km/h引き上げられている。

標準で装着する可変ダンパーと可変ステアリングのマッピングも、これまで以上に幅広いセッティングができるよう、選べる範囲が広がっている。

外から見ると、前後のライトとグリルがスモーク加工されていることがわかる。内装のダイアモンド・キルティングを採用する点はスポーツ・モデル共通の文法だ。

 
最新試乗記