マセラティ・ギブリ・ディーゼル

公開 : 2015.06.11 23:40  更新 : 2017.05.29 19:12

またリア・バンパーにマウントされたレーダー・センサーを用いて、後ろからクルマが近づいていることを知らせる ‘ブラインド・スポット・アラート・システム’ や、駐車場からバックで出る際に歩行者の存在を知らせる ‘リア・クロス・パス’ も新採用。

さらにリア・バンパーの下で足を動かすことによって、トランク・リッドを自動で開いてくれる装置も追加された。

また900Wの10スピーカーをそなえるハーマン・カードン製オーディオ・システムはMY2016から全車標準となり、これには12チャンネルのアンプとサブウーハーもセットとなっている。

オプションの設定となるバウワース・アンド・ウィルキンスのプレミアム・オーディオ・システムには ‘Clar-Fi(=クラリファイ)’ 機能が追加され、デジタル圧縮された際に省略された音楽データが復元されるようになった。

■どんな感じ?

他のエグゼクティブ・モデル同様、ギブリにはギブリらしいフレーバーがそなわっている。もちろんマセラティらしい香りもそこかしこからしてくる。

クアトロポルテもギブリも、ここ近年でさらに質感が高まり、同時にドイツ勢をこれまでほど恐れる必要もなくなっている。

V6ディーゼル・ユニットの洗練度合いもさらに高まり、ボンネットを開けてみてもエンジンは静かに呼吸しているのみだ。

8速オートマティック・ギアボックスとの兼ね合いも、とても良くなっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マセラティの人気画像

×