アウディR8

公開 : 2015.07.13 23:40  更新 : 2017.05.29 18:14

駆動方式は依然として4WDを採用、ギアボックスは7速のDSGとなる。マニュアルは選べない。機械要素が発する音は、ランボルギーニ・ウラカンのそれと驚くほど似ている。

AUTOCARはウラカンのハンドリングをあまり気に入っていないが、新しいR8はどうなのだろう?

テストの時間の始まりである。

■どんな感じ?

まずは率直な感想から。

‘このうえなく良い。底知れないクルマである’

そう感じる理由のひとつとして、日常の領域でとても付き合いやすいことが挙げられる。またミド・エンジン・カーらしいルックスも良い。インテリアの質感もアウディの得意とするところだ。

エルゴノミクスにも不満はなく、すべてがデジタルになったメーター・パネルの動きも良く、見た目もシャープだ。内装をクリアな印象にするにも一役買っている。

シートは2座のみとなるが、その背後には収納スペースがある。ゴルフ・クラブくらいならば、しまえるはずだ。エンジンがミドにおさまるため、鼻先にも小さな収納がつく。

乗り心地は良好。一般的な路面形状ならば、凹凸を無理なくいなしてくれる。ポルシェ911ターボに匹敵するレベルといっていい。メルセデス AMG GTやアストン・マーティン・ヴァンテージ系よりも安楽である。

スタート・アップ時のエンジン音は ‘反社会的’だ。しかしおかげで、6500rpmのピーク・トルクと8250rpmのピーク・パワー、8500rpmのレッド・ラインに到達するまで、億劫に感じることはない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事