フィアット500 0.9ツインエア

公開 : 2015.07.16 23:50  更新 : 2017.05.29 18:51

内外装の変更、装備の拡充、インフォテイメント・システムのアップグレード。リフレッシュされたイタリアン・シティ・カーを試す。

■どんなクルマ?

たいていのマニュファクチャラーは ‘クール’ なクルマを作ろうとしては失敗したり成功したりするもの。これに対して ‘レトロ’ なクルマの成功確率は意外なほど高く、なかでもフィアット500はその典型である。

しかしそんな500だって、いつまでも同じデザインというわけにはいかない。そんな理由から、2015年を機に様々な部分がリフレッシュされたのである。

500をアイコニックな存在たらしめる外観の変更点はミニマム。よく見ると、ヘッドライト、前後バンパー、グリルなどがモダンになっている程度だ。対する内装は素材のアップグレード、標準装備の拡充、新型のインフォテイメント・システムの投入など、外観よりもわかりやすい変更が施されている。

英国におけるガソリン・エンジンの展開は、69psの1.2ℓ 4気筒に始まり、85psと105psを発揮する0.9ℓの2気筒ツイン・エアの3展開となる。これに加えて1.3ℓディーゼルも存在し、1.2ℓの ‘エコ’ グレード(99g/kmのCO2排出量が自慢)と同時に、もうすぐ販売される予定だ。

今回テストするのは、85psを発揮する0.9ℓ 2気筒版である。

 
最新試乗記

人気記事