マクラーレン675LT

公開 : 2015.07.22 23:50  更新 : 2017.05.29 19:10

マクラーレンの限定エディション、675LTを公道とサーキットにて試した。どちらのシチュエーションでも息を呑むほどに素晴らしかった。

■どんなクルマ?

675LT。クールなマクラーレンから、意外な牽制球が飛び出した。

1つ目のテストの舞台はシルバーストーン・インターナショナル・サーキット。左ハンドルのモデルがお相手である。

4速130km/h。この時点でスピード・メーターを見るのをやめた。見たとしても次の瞬間には、また違う次元の速度域に達しているからだ。

ステアリングできっかけを与えてガス・ペダルを蹴りこむと、ズズッと車体は滑りはじめる。ミラーから見える背景は、白煙で真っ白になっていた。

マクラーレンは675LTのことを、“650Sからの飛躍は、12Cから650Sへの飛躍とは次元がちがう” と説明する。私も心からその通りだと思う。

LTがロング・テールの頭文字であり、マクラーレンF1 GTR ロングテールに由来していることは、AUTOCARの読者諸兄ならばご存知のとおりのはず。

675のモデル・ネームが示すとおり、最高出力である675psを生みだすために、3.8ℓのV8ユニットは半分がリプレイスされているのだそうだ。

 
最新試乗記