スズキ・アルトワークスを発売

2015.12.24

スズキは、軽自動車アルトに、スポーツモデルのアルト・ワークスを設定し発売した。アルト・ターボRSの販売開始以降、5MTやワークスの復活を望む声が多く、それに応えるかたちとなった。

アルト・ワークスの専用チューニングは、このモデルのために開発された5速MTおよび専用チューニングAGS、最大トルクと加速性能を向上させたターボエンジン、専用チューニング・サスペンション、専用レカロ製フロントシートの4つ。

MTは、1速から4速をクロスレシオにし、ショートストローク化したものを専用設計した。レカロシートに合わせてシフトノブの位置を変更したほか、2速はシングルコーンの替わりにダブルコーンを採用。また、クラッチディスクの荷重特性を最適化し、クラッチ操作の楽しさを追求した。

アルトワークスにはAGSモデルも設定され、専用の変速マップを適合し、変速スピードを最大10%短縮。5速マニュアルモード付きパドルシフトも装備した。

エンジンは、ターボRS搭載のものをベースに、最大トルクをターボRS比で2N・m増やし、100N・m(10.2kg-m)/3000rpmとした。このために、フロントバンパーの車両右側に外気口を追加し、冷却水制御温度を88℃から82℃へ下げ、燃焼室温度の低減を図った。これによりトルク・ウェイトレシオは、6.8kg/N・mから6.7kg/N・mへ向上している。

足回りは、ターボRSのサスペンションをベースに、専用の変更を加えている。2WDおよび4WDともに、フロントストラットに専用ピストンとフリクション・コントロールタワーバーを新採用、リアショック・アブソーバーも含めて減衰力を最適化し、ロールスピード低減とダンピングを向上した。

これにくわえ、EPSコントローラーの制御マップも変更し、ステアリング中立付近の手応えを高め、ダイレクトな操舵フィールを実現している。

ホイールは、リム幅を拡大し、タイヤの縦横方向の剛性アップを図り、コーナリング時の応答性を高めた。15インチ・アルミホイールは、専用設計のENKEI製ブラック塗装ホイールとなっている。

エクステリアは、カーボン調のフロントバンパー・アッパーガーニッシュ、ブラックメッキ・ヘッドランプ、レッド塗装のブレーキ・キャリパーを装備。ボディサイドやリアには “WORKS” のロゴがあしらわれる。

インテリアは、黒を基調にシルバーと赤のアクセントを配し、レッドステッチの本革巻きステアリングとシフトブーツや、ステンレス製ペダルプレートにより雰囲気を高めた。

撮影のために車両をごく短時間走らせたが、ペダル操作のためにシート前端のクッションを特別調整したというレカローシートの出来が良く、マニュアル操作の楽しさも相まって、クルマとの一体感はターボRSより高いと感じた。ファンにはたまらないクリスマス・プレゼントだろう。

価格は、5MTおよび5AGSともに、2WDが1,509,840円。4WDが1,617,840円。


▶ 国内初試乗 / スズキ・アルト・ターボRS
▶ 国内初試乗 / スズキ・アルトX
▶ 国内初試乗 / ダイハツ・キャスト・アクティバ/スタイル
▶ 国内初試乗 / スズキ・スペーシア・カスタム

関連テーマ

 
最新国内ニュース