スプリント・テスト:0-400m

公開 : 2015.12.26 23:50  更新 : 2017.05.29 19:55

シリアスな速さを誇るマシンを0〜400m地点までのドラッグ・レースに供することで見えてくる世界はどんなものか。マット・プライヤーが検証する。

レース1:ポルシェ・ケイマンGT4 vs BMW M4 vs BMW i8 vs レクサスRC F

どれも期待がもてそうなラインナップだが、もっとも速い加速を誇るBMW i8がこのレースでは最有力候補といえそうだ。

諸元では400mまでをM4が12.3秒、i8が13.3秒。ただしこれは理想的な条件における結果だから、われわれが使う路面だと結果がどうなるかわからない。

i8にとって有利だったのは、後輪駆動のRC Fを目の前にしたときだった。RC Fにはローンチ・コントロールがつかないぶん、スキルの高いドライバーをあてがったが、それでもi8優勢だった。

さらに注目すべくはケイマン GT4。トラクションをうまく地面に伝えられれば、97km/hまでの4.6秒という理想値どおりの結果がだせた。

400mまでは13.0秒。ケイマンGT4は、BMW i8、レクサスRC F、BMW M4を差し置いて、もっともはやいタイミングでゴール・テープを切った。


関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記