スズキ・イグニス・ハイブリッドMZ

公開 : 2016.02.22 23:55  更新 : 2017.05.29 18:41

  • イグニス・ハイブリッドMZのFFに試乗。インパクトあるフロントに対し、リアはゆで卵のような姿だ。

  • 全長3700x全幅1660x全高1595mm。試乗車の車体色はヘリオスゴールド・パールメタリック。

  • +43,200円でブラック2トーンルーフ仕様を選ぶこともできる。

見たことのないサイズのSUV。スズキの世界戦略車が、日本先行発売。

■どんなクルマ?

イグニスはもしや世界最小のSUVでは、と思ったら、メーカーのスズキはコンパクト・クロスオーバーと表現している。コンパクトカーとSUVを融合させた、新ジャンルのクロスオーバーということらしいが、なるほど、たしかにそういうクルマであります。

その特徴と魅力は、全長3700×全幅1660×全高1595mm、ホイールベース2435mmという、おそらくSUVとしては最小の部類のボディサイズにあるのではないか。3700mmという全長は2代目ニューMINIのハッチバックのオリジナルと同サイズで街中でも極めて扱い易いし、全幅が1660mmに抑えられているのも駐車場などで使い勝手がいい。

新型プラットフォーム上に構築されたボディは、アルトのフォルムをひと回り大きくしたかのようなスクエアなスタイリングを与えられ、機能的で無駄なところがないというこのクルマのキャラクターを端的に表現している。最低地上高は180mmという充分な数字が確保されている一方で、全高が1600mm以下に抑えられているのも好ましい。

定員5人の室内は、2分割式リアシートにスライド機構を採用、居住空間とラゲッジ空間の組み合わせの自由度を高めている。結果、ラゲッジルームはリアシートのアレンジによって、135ℓから415ℓまで広げられる。

走るためのメカニズムはわりとオーソドックスで、NAの1.25ℓ直4 エンジンをフロントに横置きし、標準型は前輪を駆動、ビスカスカップリングを用いた4WD仕様も選べる。トランスミッションはいずれも、副変速機つきCVTと組み合わせられる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事