マセラティ・クアトロポルテをスクープ

公開 : 2012.02.21 20:58  更新 : 2017.06.01 00:54

2013年度の第1四半期に販売が予定されているマセラティクアトロポルテのテストシーンをスクープした。但し、マセラティは、この新しいV8スポーツ・サルーンを9月のパリ・ショーが2013年1月のデトロイト・ショーでデビューさせるかを決めかねているようだ。

コードM156の名前で開発されている新しいクアトロポルテは、次に予定されているミッドサイズのサルーンのために、更にアップマーケットを狙うモデルへと変貌を遂げるようだ。内部的にはM157と呼ばれる新しいミッドサイズ・サルーンは、ジャガーXFやBMW 5シリーズをライバルとして想定している。そのM157は、V6のガソリン・エンジンとディーゼル・エンジンが搭載され、2013年秋のフランクフルト・モーターショーでデビューし、同じ2013年のうちに販売が開始される。

新しいクアトロポルテは「新しい」プラットフォームに基づくとマセラティは主張しているが、それはクライスラー300Cと基本を同じにするようである。現在のモデルに装備されている6速オートマチックの代わりに、スタート・ストップ・システムを採用したZF製の8速オートマチックが搭載されることは決定している。また、V8エンジンは、新たなチューニングが行われるという。

新しいルックスは、現行モデルの正常進化型だが、マセラティが言うところのGセグメントのスーパー・ラグジュアリー・ポジションを得るために、より高級な外観が与えられるということだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×