第3世代のBMW X3、最新スパイショット

公開 : 2017.02.03 04:20  更新 : 2017.06.01 00:30

BMWのミッドサイズSUV、X3は今年第3世代へのモデルチェンジが予定されている。レンジにはハイブリッド・モデルも含まれる。xDrive M40i Mパフォーマンス・モデルが撮影されたのは今回が初めてだ。

第3世代となるBMW X3は、AUTOCARの読者、ステファン・テイラーによって南アフリカでテストされている姿が撮影された。2017年モデルとなる2台のBMW6シリーズGTに囲まれてカフェの駐車場に止められていたもので、そのエクステリア・デザインをはっきりと知ることができる。

リアのクォーター・ウインドーはより長くなり、リアのドアも伸ばされている。このことからも、ホイールベースが現行の2810mmより拡大されていることが判る。

内部的にはG01というコードネームで開発されている新しいX3は、より大型化されたインフォテイメント・システムも装備する。つまり、最新のiDriveが装備されることになる。

BMWはライバルとなるアウディQ5よりもより大きなブート・スペースをX3に与えようとしているのかもしれない。

フロントがダブル・ウィッシュボーン、リアがマルチ・リンクというプラットフォームは相変わらずスティール製だが、大幅に修正されている。また、新しい安全システムとコネクティビティ・オプションのためのエレクトリック・システムが採用されるという。

このプラットフォームは、第2世代のX4のベースともなる。

エンジンは、4気筒および6気筒のダイレクト・インジェクション・ガソリンとコモン・ディーゼル・ユニットとなる。ギアボックスはZF製の9速オートマティックとなるが、一部の4気筒には6速マニュアルが標準となる。また、同様に一部の4気筒モデルにはRWDであるsDriveも設定される。

また、プラグイン・ハイブリッドのX3 xDrive 35eもラインナップに加えられる予定。これは、X5 xDrive 40eや330eと同じシステムを採用するものと思われる。

新しいX3は、X4、X5、X6、そしてX7と共に、アメリカのサウスカロライナで生産される予定。

Mモデル
下のビデオは、クワッド・エグゾースト、マッシブなバンパー、ルーフ・スポイラー、そして6気筒エンジ・サウンドから、X3のハイ・パフォーマンス・モデルであることが判る。

BMWはX3 Mの開発を進めていると思われる。それはM3に搭載される430psの3.0ℓ直6ターボを搭載するモデルと思われる。ライバルとなるのは、ポルシェ・マカン・ターボや、メルセデス-AMG GLC63だ。

X3Mは、X3 xDrive M40i Mの上に立つモデルだ。このX3Mは、2018年にリリースされる予定だ。

X3 xDrive M40i Mは、3.0ℓ直6ツイン・ターボが搭載される。また、X5 M50dのようなハイパワー・ディーゼルを搭載したモデルも計画されていると思われる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事