ポルシェ911カレラGTS

公開 : 2017.02.06 05:50  更新 : 2017.05.29 19:03

後輪駆動+MTのGTS、それはパワーとグリップの完璧な融合。毎日乗れて、共に暮らせる、近代911のベストだ。

■どんなクルマ?

魅力的な折りたたみ式ルーフも、フロントのドライブシャフトも備えず、追加されたのは第3のペダル。RRにマニュアル・トランスミッションを組み合わせた911GTSクーペは、“911はシンプル・イズ・ベストだ” と信じるユーザーにとって、第一志望となるであろうモデルだ。

このRRクーペは、カレラSより10kg重いが、これはワイド・ボディによる増量分。GTSのサフィックスが与えられるシリーズでは最軽量となる。

4WDの強力無比なトラクションも、PDKの電光石火のシフト・チェンジも失ったが、トップ・スピードはGTSシリーズ最速だ。

エンジンはGTS系に共通の、450psを発生する3.0ℓフラット6ツインターボ。スポーツ・マフラーやLSD、トルク・ベクタリング機構やターボ用パッドを奢る大径ブレーキ、20インチのセンター・ロック・ホイール、アクティブ・エンジン・マウントを採用し、遮音材を削減しているのもGTSのフォーマット通り。

クーペ・ボディ専用のスポーツ・サスペンションを装着し、車高はカブリオレやタルガより低い。また、オプションで後輪ステアも選択可能だ。

エクステリアでは、黒塗りのホイール/マフラー/GTSバッジがファミリーの証。

インテリアはアルカンターラがステアリング・ホイールやシフト・レバー、シート中央部などに用いられる。回転計やセンターTFTディスプレイ、サイドシル・プレート、カーペット、オプションのフロント・シートにはGTSロゴがこれでもかと入れられ、2シーター仕様も選択できる。

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事