フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5TSI

公開 : 2017.02.06 05:40  更新 : 2017.05.29 18:56

マイナーチェンジしたゴルフVIIは、洗練性というトレードマークに磨きをかけた。

■どんなクルマ?

7代目ゴルフがフェイスリフトを実施した。長年にわたり保持し続けてきた欧州のトップ・セールスを、2017年もその手に掴むことを運命づけられたクルマだ。

昨年10月に発表されたこの改良版ゴルフは、これまで通り3ドアと5ドアを設定。追って、MPVスタイルのゴルフSVや、ワゴン・モデルのゴルフ・ヴァリアントも同様の改修が施されると予想される。

今回の試乗車である1.5ℓモデルは、従来の1.4ℓモデルに代わるエントリーグ・レードになると、VWは既に公表している。現在の売れ筋である1.4ℓ直4ターボに代わる1.5ℓユニットはEA211エボのコードネームが与えられた。完全新設計ではなく、現行機種の改良型だ。

これは昨今のトレンドであるダウン・サイジング・ターボだが、排気量は既存ユニットより103cc拡大し、エミッションはユーロ6適合。今年後半に登場が予定される次期ポロなど、幅広い車種への配備が予定されている新たな主力エンジンである。出力を130psに絞った低燃費仕様の投入も計画されている。

メカニズムの刷新に対し、外観の変化は最低限に留まった。そのため、マイナーチェンジ前後を見分けるには、かなりしっかりと観察しなければならない。開口部などが新造型となったバンパーやLEDデイタイム・ライトが変更されたヘッドライト、フルLED化されたテールライトは、流用されたボディにしっくりと馴染んでいる。

室内のレイアウトは、2013年のデビュー以来見慣れたゴルフVIIのそれだ。ダッシュボードの形状や直観的に使えるスイッチ類の配置、素晴らしいドライビング・ポジションと高品質素材がそのまま残されている。

しかしながら、アピールを確実に強めているのが、サイズや採用範囲が拡大されたデジタル・ディスプレイだ。注目は、パサートから導入された ‘アクティブ・インフォ・ディスプレイ’。アナログ計器盤に代わり、12.3インチの液晶モニターを設置し、1440×540ピクセルの高精細画像で計器類を投影するアイテムだ。デザインは5パターン用意され、マルチファンクション・ステアリングホイール上のスイッチで選択できる。

関連テーマ

 
最新試乗記