BMW 5シリーズ英国仕様の最安価版、520dディーゼル Eクラス/XFに勝てるか?

公開 : 2017.02.20 11:00  更新 : 2017.05.29 14:39

エンジンは最新型というわけではないが、実に有効に働いている。フル・スロットルで物足りなく感じることはめったにないし、ZFのATとのマッチングもバッチリだ。変速はスムースであるべき場面ではスムースで、マニュアル・モードに切り替えれば素早くシフトできる。

洗練性も印象的で、アウディA6のようなNVHフリーというのではないが、日常遣いならEクラスやXFより静かだ。スロットルを踏み込んでいけば粗さが目立つようになるが、そうでない4気筒ディーゼルがあるならお目にかかりたい、という話に過ぎない。

内装に目を向けると、レイアウトは先代で見慣れたものだ。しかし、ディテールは大幅に変更。フル・デジタル表示の計器盤やダッシュボード上部に屹立したインフォテイメント・ディスプレイを採用し、素材の質感は向上している。

硬いプラスティックが剥き出しの部分を探すのは難しく、スイッチはうれしくなるほど精密で最高の感触だ。まるで7シリーズのようで、これぞエグゼクティブ・クラスのあるべきインテリアだと思える。

残念なのは、後席のスペースがいくつかのライバル車に負けていることだ。狭くはないのだが、EクラスやボルボS90であればレッグルームがより広い。

リア・シートに長身の乗員が座る機会が多いようなら、考慮した方がよいかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事