BMW 523dに「ツーリング」追加 吉田 匠が試乗 ハンドリング/乗り心地は?

公開 : 2017.07.03 17:40  更新 : 2017.07.05 12:19

■どんな感じ?

試乗車のスペックと印象は?

台場のBMW Tokyo Bayをベースにした試乗会には、523dと540 xDriveの2モデルが用意されていたが、試乗したのはディーゼルの前車。仕様は豪華装備のLuxuryで、車両本体価格813万円、オプションを含む総額882.9万円のクルマだ。

走り出すと同時に感じたことのひとつは、2ℓ直4ディーゼルターボエンジンの回転感がスムーズで、音も振動も気にならないことだった。

このあたりの感じ方には個人差があるから断定的なことはいえないが、室内にいる限りディーゼル感はまず気にならない。

BMWは同カテゴリーの日本車などに比べると、音に対してあまり神経質でないクルマという印象があったが、この523dツーリングにはそれは当てはまらない、という実感を得た。

と同時にこのエンジン、190psを発生するから、8段ATを介して1800kgの車重を走らせるパフォーマンスも充分、というか、深く踏み込めばそれなりに迫力のある加速を振る舞ってくれる。1750-2500rpmで40.8kg-mを捻り出す太いトルクが、その源だと思われる。

ちなみに1800kgという車重、昨今のクルマの常で決して軽くはないが、同時に乗ったミニクロスオーバーPHVの車重が1770kgだったことと考え合わせると、サイズの割りに軽いような気がしてくるから不思議なものだ。

もうひとつ印象的だったのはボディの剛性感で、リアの開口部の大きいステーションワゴンにありがちな後半部の緩さも感じさせず、BMWのイメージに相応しい強固な一体感をキープしていると思った。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像

×