WRX STIがモデルチェンジ スバルS4との違い、走りの印象は? 試乗記

公開 : 2017.07.21 19:10

誰が乗っても楽しめるようになった

スバルWRX STIはかぎられたひとのクルマではない。ポルシェのスポーツカーが一部のひとだけのものと言ったらみなが驚くのと似ている。誰が乗っても楽しめる。

広い範囲でユーザーを見ていると思わせてくれるのは、安全性や快適性がおざなりになっていない点だ。

ひとつは静粛性の向上がはかられたこと。どちらかというと2ペダルのS4のための改良点といえるかもしれないが、もちろん、静かになって悪いわけではない。

板厚ガラスの採用やドアまわりのゴム材の材質見直し、さらに各所の吸音材の密度向上など、細かくていねいに対策がほどこされている。

WRX STIにおける安全装備も増えている。ひとつはステアリング連動ヘッドランプ。ステアリングホイールの切れ角と連動してヘッドランプの照射方向を変える(むかしのシトロエンのような?)システムだ。

「車両や歩行者をいちはやく認識できるなど夜間走行の安全性を高める」とスバルの開発者はその意義を謳っている。

もうひとつはオプションのフロントビューモニターだ。フロントグリルにカメラを設置。その映像をマルチファンクションディスプレイに表示する。

メリットは見通しの悪い交差点などでの衝突防止の手立てとなること。狭い場所での切り返しなどノーズの位置確認にも使えるようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×