BMW M5(E60) vs アウディRS6(C5) アウトバーンの覇者 今なお健在?

公開 : 2017.08.26 10:40

アウトバーンに育てられた2台、BMW M5とアウディRS6は、今なお猛威をふるうことができるのでしょうか? あらためて試乗しました。

もくじ

ドイツ生まれ、アウトバーン育ち
15年前の最上級モデルといえども…
一般道を走ることができるF1ユニット
M5、最大の欠点
高回転域、まさに「天国」
ハイリスク・ハイリターン

ドイツ生まれ、アウトバーン育ち

ドイツ車メーカーはアウトバーンを想定したモデルを作り続けて久しい。

力強く、速く、通常のドイツ車らしさに、高まった速さに見合った高速域での快適さも加わったクルマたちだ。

しかし、その中古車を買おうとする場合、そのパワー以上に気になる数字は、新車時から下落した価格だろう。

そうしてみると、年式やカテゴリーは異なるが、C5世代のアウディRS6とE60世代のBMW M5は、どちらも魅力的な選択肢だと言える。

新車時には批評家から絶賛されるということの少ないRS6だが、15年が経過したことを踏まえて見直すと、速さと安定した走りは、より新しい世代の同じようなモデルに見劣りしない。

思い出すのは、新車当時の試乗会だ。

速度計の針はありえないような速さでみるみる駆け上がり、V8ツインターボは勢いを衰えさせることなく、リミッターが利くはずの250km/hを超える速度へそのクルマを誘った。

その時に乗ったのは450psの標準仕様だったが、今回アウディから借り受けたのは476psのRS6プラス・アバントで、最高速度の公称値は280km/hだ。

RS6は、いつもワゴンのアバントがセダンを販売台数で上回るが、この世代でも選ぶべきは間違いなくアバント。そのことは、中古市場での価値にも反映されている。

かつては世界最速ワゴンであり、同時期のポルシェ911を凌ぐ加速性能の持ち主。それでいて、ファミリーユースにもゆとりのキャビンとラゲッジを備える。

英国では、その強力なエンジンの開発にコスワース・エンジニアリングが協力しているという点も、好意的に受け止められる要因となっている。

乗り込んで、驚いたことがある。

 
最新試乗記

人気記事