すばらしきタルガの世界(3) ポルシェ911タルガ vs トライアンフTR5

公開 : 2017.09.01 20:20  更新 : 2017.09.08 14:25

トライアンフ ルーフの構造

61年9月にTR4に導入されたのは、ボルトオンのガラス製リアウインドウに2タイプのルーフを組み合わせるオプション。

ひとつは4本のボルトで固定するスチール製のハードトップだが、取り外したときに収納する場所がない。

もうひとつがビニールレザー製のサリートップで、幌骨を折り畳むと後席スペースに収まるというものだ。このサリートップはTR4A、TR5に受け継がれたが、TR6では選べなくなった。

かつて3台のTR6を所有していたアンディ・マコナンは3年前、それらを売り払った資金をTR5に注ぎ込んだ。

「TRレジスター」というトライアンフのオーナーズクラブイベントで今年、銀賞を得たクルマである。

「ちょっとズルをして、レストアが完了したクルマを買ったんだ」とマコナン。「クラブの仲間達と、これまでにスパやニュルブルクリンク、ル・マン・クラシックに出掛けたよ」

サリートップにはふたつの効用がある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ポルシェ 911の人気画像

×