BMW i3s、「s」が付くことで変わったのか 試乗で「楽しさ」を検証

公開 : 2017.12.15 11:40  更新 : 2017.12.15 14:00

BMW i3sの試乗記です。通常よりもパワーが高められ、サスペンションも低められ、大きなホイールが与えられたファンキーなコンパクト電気自動車、BMW i3sは走りに鋭さが加わりました。

もくじ

どんなクルマ?
「究極のドライビングマシン」に「s」
i3→i3sへ なにがどう違う?

どんな感じ?
運転楽しく 完ぺきではないが個性あり

「買い」か?
テスラや日産リーフよりも楽しい

スペック
BMW i3sのスペック

どんなクルマ?

「究極のドライビングマシン」に「s」

「究極のドライビングマシン」の製造元は、BMW i3を発売した時、おそらくもう少しやることがあると感じただろう。

座るのも見るのも調べるのも、たいへん興味深いクルマだが、運転してもあまりエキサイティングではなかったからだ。

発売されて3年が経ち、今回BMW i3sとなった。速くなって、低くなって、少し幅広くなって、名前に「s」がついた。スポーツの「s」だ。「ゆっくり」や「賢明な」という意味でクルマの名前に「s」をつける奴なんていない。

i3sはさらに究極のドライビングマシンになったわけだ。

具体的にどこが変わったのだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記