AMG S63カブリオレ、2017年型も前進 S65/S560と近接も存在感発揮 試乗

公開 : 2017.12.19 11:10

メルセデス・ベンツSクラスがマイナーチェンジしたことにあわせ、S63も変わりました。外観よりも技術面が進歩したといいます。AUTOCARは走りにフォーカスしてテストをおこないました。いつもながら。

もくじ

どんなクルマ?
S63マイチェン 外観より技術面に注力
外観の識別点 クーペとの価格差

どんな感じ?
コーナリング時、車重の影響は感じず
快適、洗練、先進性も特筆すべき

「買い」か?
DB11/コンチネンタルGTの誘惑

スペック
メルセデス-AMG S63カブリオレのスペック

どんなクルマ?

S63マイチェン 外観より技術面に注力

2014年に導入され、今回小変更を受けた、このメルセデス-AMG S63カブリオレに施された変更箇所をみつけるのは至難の業であろう。

開発責任者のダーク・フィッツァの説明によれば、このクルマのスタイリングは幅広く受け入れられているため、今回のフェイスリフトを行うに当たって、AMGは技術面の刷新に注力すべきと判断した結果だという。

よって、目にみえない多くの箇所に変更が施された。5.5ℓエンジンに代わって搭載されるのは4.0ℓV8ツイン・ターボ・エンジンであり、変速機は湿式クラッチの新型9速オートマティックを採用、Sクラス・サルーンに導入された数々の愛玩性の高いテクノロジーの受け皿にもなっている。

外観にも幾ばくかの変更がある。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記