メルセデス・ベンツSL63 AMG vs ジャガーXKRコンバーチブル 回顧録

2018.02.08

AMG製6.2ℓは高回転域で覚醒する

だが、ソルトン湖畔の町、ソルトン・シティに向かう途中のインターステート・ハイウェイで、わたしはこのAMGの新しいパワートレインの強烈なパフォーマンスを否応なく経験することとなった。

確かに、速く走らせるにはエンジンをぶん回してやる必要があるが、一方でこのSL63AMGの走りが勢いに乗ったときに目と耳と身体で感じるフィールはゾクゾクするほどの快感である。
 


 
エンジンサウンドは鋭く、豪快で、加速は強烈そのものだ。変速の素早さにも目を見張るものがある。変速時間はマニュアルモードでは0.1秒で、これはフェラーリ599よりも速い。動作のスムーズさとシフトタイミングの自然さという点ではDSGタイプのギアボックスには少々およばないが、大したものだ。
 

 
XKRはSL63AMGの隣に並ぶと小さく見える。これはこの手のクルマにとって悪いことではないが、同時に貧弱にも見える。XKRのサスペンションはSLよりもソフトだが、XKRのほうが乗り心地がいいとはわたしには思えなかった。小さな凹凸を吸収する能力は明らかに優れているが、長い起伏を通過するときにフワフワとした感触があるのだ。

それに対して、アクティブ・ボディ・コントロールが備わるSL63AMGは、同じ起伏をフラットに通過する。また、トップをオープンにして路面のよくない道を走るとき、XKRは時折り身震いするが、SL63AMGは何事もなかったかのように平然と走り続ける。

 
最新試乗記

人気記事