ピニンファリーナ 新作はベトナム「ヴィンファスト」の量産車 一般投票で選出

公開 : 2018.02.16 16:10

ベトナムに初の自動車メーカーが誕生します。その最初のモデルはSUVとセダンになりますが、デザインは一般投票で選出。6万2000人近いひとびとが選んだのは、ピニンファリーナの作品でした。

ヴィンファスト ベトナムのメーカー登場

ベトナムに、ヴィンファストと銘打った自動車メーカーが誕生する。そのスタイリングは、20を超えるデザイン会社が参加してコンペを実施。一般投票により雌雄を決するという、類のないプロセスで選ばれたのは、ピニンファリーナの作品だった。

このイタリアン・デザインの雄によれば、完成までにはまだ煮詰めるべき点も多いが、今回のデザインがベトナムの新規メーカーの処女作になる予定だという。

ヴィンファストを運営するヴィングループのボスであるクァン・ヴィエト・グェンいわく「世界でも最大のデザインブランドであるピニンファリーナの直接的な参加は、ヴィンファストのモデルに、ベトナムらしいアイデンティティを失うことなく、モダンな美しさをもたらしてくれると期待しています」とのこと。

ピニンファリーナ 他新興メーカーとも

ヴィンファストは、2019年9月に最初のモデルを発表する計画で、2025年までには生産台数50万台を目指す意欲をみせる。

ピニンファリーナは最近、アジアで他の新興メーカーとのビジネスも発表。ベトナムでのプロジェクトに先駆け、香港のハイブリッド・キネティック・グループが開発中のHK GTを手掛けると発表してもいる。

こちらはデザイン画が1枚明らかにされたのみだが、発電用タービンエンジンを積む、ハイパフォーマンスなレンジエクステンダーEVのコンセプトカーで、ジュネーブ・ショーで公開される予定だ。

 

人気記事