テックルールズ・レンRS 1305psのサーキット専用スーパーカー

公開 : 2018.03.06 15:40

シングルシーター レース参戦も視野に

このクルマのデザインは、ジョルジェット・ジウジアーロと彼の息子、ファブリツィオの新しいデザインハウスであるGFGスタイルによるものだ。そのデザインはジェット戦闘機に着想を得ており、ターボ・ジェットのデカールや、タービン式レンジエクステンダーの選択もそのためだろう。具体的なデリバリーに関する情報はないものの、テックルールズでは2年以内の発売を計画している。


レンでは3人乗りだったシートレイアウトだが、RSではシングルシーターへと変更されており、フロントキャノピーが前方へ移動することで、キャビンへのアクセスを確保している。このクルマの燃料タンクとカーボンファイバー製レースシートはFIA認証を受けており、エアジャッキに対応したジャッキポイントは迅速なピットストップを可能にしている。

さらにフロントキャノピーのイジェクト・システムは万一の際の安全を確保するとともに、そのルーフはマニュアル式のボタンにより、このクルマのカーボンファイバー製モノコックから射出することができる。

テックルールズではレース参戦の意思表明は行っていないが、レンRSでは一体型モノコックによりレース参戦の要求仕様を満たすよりも、その上部ボディにスチール製ロールケージを組み込むことを選択しているようだ。

関連テーマ