ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテにスパイダー 車重増も最高速度かわらず

公開 : 2018.03.06 19:51  更新 : 2018.03.06 19:51

ジュネーブモーターショー2018にて、ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが公開されました。ソフトトップは50km/hまでなら走行中で開閉でき、車重は125kg増えているものの最高速度はクーペと変わらず325km/hです。シャシーは変更なし。

ペルフォルマンテにスパイダー追加

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテのスパイダー・モデルがジュネーブモーターショー2018にて公開された。

ソフトトップのルーフ以外は、ペルフォルマンテの要素を組みあわせる。つまりフロントスポイラーやリアウイング、ディフューザーなどが、外観上で標準のウラカンと異なる部分である。

ルーフの開け閉めは17秒で完了し、50km/hまでなら走行中でも動作可能。

車重125kg増も最高速度は変わらず

エンジンもまたウラカンと同じ。自然吸気の5.2ℓV10は640ps/8000rpmと61.2kg-m/6500rpmを生みだす。駆動方式は4WD。ソフトトップが理由で車重は125kg増えている。乾燥重量は1507kgだ。前後重量配分は43:57。

0-100km/hタイムは3.1秒、0-200km/hタイムは9.3秒。最高速度はクーペと変わらず325km/h。

シャシーのセットアップは変わりないが、ステアリングとスタビリティコントロールのセッティングはやり直されている。

英国のショールームに並ぶのは今年の夏。23万8000ポンド(3491万円)。クーペよりも2万3000ポンド(337万円)高い。