ランドローバー・ディスカバリー2018年モデル コネクティビティ拡充 本日受注開始

2018.04.02

ランドローバー・ディスカバリー2018年モデルが、本日より日本国内でも受注を開始しました。InControlアプリをはじめとする、「コネクティビティ」を標準で多く用意していることが特徴。ガソリンとディーゼルがあり、8,197,000円〜9,417,000円です。

もくじ

ディスカバリー2018年モデル 装備拡充
メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

ディスカバリー2018年モデル 装備拡充

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、多用途性を売りとする定員7人のフルサイズSUV「ディスカバリー」2018年モデルを、2018年4月2日(月)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始する。

2018年モデルの「ディスカバリー」は、最大8つのデバイスに対応するWi-FiホットスポットのLTE化、車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」、最適化されたスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」など、多彩なコネクティビティ機能を標準装備とし、利便性を強調する。

電話やエンターテインメント機能を操作できる12.3インチの高解像度インタラクティブ・ドライバー・ディスプレイも、2018年モデルより標準装備となるほか、走行速度やナビゲーション情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)と、快適な車内空間を提供するナノイーエアコン(イオン空気清浄機能付エアコン)をオプション装備に追加している。

「ディスカバリー」は多用途性を重視した設計を採用しているとのこと。リアシートを折りたたむとラゲッジルームは最大2406ℓ(通常時は258ℓ)、シート周辺にもタブレット端末やボトルを複数収納できるスペースを設けている。

また、2段階のオフロードモードを備えた最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンション・システムや、路面の状況に応じてエンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化するテレイン・レスポンス2が備わる。

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

ガソリン・エンジン搭載モデル

DISCOVERY HSE 3.0L P340:8,197,000円
DISCOVERY HSE LUXURY 3.0L P340:9,217,000円

ディーゼル・エンジン搭載モデル

DISCOVERY HSE 3.0L D258:8,397,000円
DISCOVERY HSE LUXURY 3.0L D258:9,417,000円

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事