アストン マーティンDB11に「AMR」 5.2ℓV12は30ps増 CEO「未来のコレクターズカーに」

公開 : 2018.05.12 15:40

アストン マーティンは、DB11 AMRを開発しました。5.2ℓV12ツインターボは、DB11 V12より30ps増。0-100km/h加速は、0.2秒短縮され3.7秒に。内外装も変わり、アンディ・パーマーCEOは、この新フラッグシップを「未来のコレクターズカー」と表現します。

もくじ

AMR、新たなフラッグシップ
洗練と性能のバランスめざす
内外装「ダークカラー」 価格は

AMR、新たなフラッグシップ

アストン マーティンは、DB11 AMRを開発した。ニュルブルクリンクの新しいAMRパフォーマンス・センター開設を記念して、本日発表する。

新型DB11 AMRは、V12エンジンを搭載するDB11に代わる新しいフラッグシップ・モデルであり、パワー、パフォーマンス、ドライビング・ダイナミクス、エグゾースト・サウンドなど、あらゆる性能を引き上げて、エクステリアやインテリアにもさまざまな改良を施している。

このモデルの開発目標は、より印象的なドライビング・エクスペリエンスを実現しながらも、オリジナルのV12 DB11の美点である成熟性や長距離ドライブでも疲れを感じさせないGTパフォーマンスを両立させることだったという。

同社は「AMR(アストン マーティン・レーシングによる耐久レース・プログラムの成功をインスピレーションとする名称)は、アストン マーティン・ラインナップの各モデルに、さらなるパフォーマンスの可能性を切り拓いてきました」とコメント。

DB11 AMRの心臓部には、5.2ℓV12ツインターボ・エンジンが搭載されている。最高出力は639psに達し、DB11 V12を30ps上回る。V8仕様のDB11と比較すると、その差は実に129psに達する。

一方、最大トルクは71.4kg-mであり、DB11 V12と同一。0-100km/h加速は3.7秒で、DB11 V12より0.2秒向上している。334km/hに達する最高速度は、世界最速のGTカーの1台であると同時に、現行のアストン マーティン量産車の中でも最速モデルとなっている。