ホンダ・シビック・タイプRが、今年後半からニュルブルクリンクでテスト

公開 : 2013.03.07 11:36  更新 : 2017.06.01 01:49

新しいホンダシビック・タイプRは、今年後半からニュルブルクリンクでのテストが開始される。

2015年の発売予定だが、そのパフォーマンスは、ニュルブルクリンクにおけるFWDモデルの最速を目指すと、ホンダは語っている。エンジンは265bhpから300bhpの間のターボ付き2.0ℓであることもホンダが確認している。

ターボ付き1.6ℓで戦われるワールド・ツーリングカー・チャンピオンシップからのフィードバックも大きいという。

このタイプRは、当初、ヨーロッパのみで販売が開始されることになっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×