テスラ・モデル3 AWDのパフォーマンス版を確認 ライバル、BMW M3と公表

2018.05.21

サマリー

テスラのイーロン・マスクCEOは、モデル3にパフォーマンス仕様を追加するとTwitter上で明らかにしました。2基のモーターを搭載し、M3と同等の価格でありながらクラス最強のサーキット性能を誇ると語ります。7月ごろに正式に投入される見込みです。

もくじ

0-97km/h加速は4.5秒
サーキットではクラス最強

0-97km/h加速は4.5秒

テスラのイーロン・マスクCEOはモデル3に最高速度250km/hの高性能4WD仕様を追加すると発表した。ライバルはM3とし、「サーキットではクラス最強」だと語る。

彼は複数のツイートを通し、ふたつのモーターで四輪を駆動するモデル3の存在や、そのパフォーマンス仕様の詳細を明かした。他社製のデュアルモーター車と同様に前後にモーターを搭載する。

AWDのオプションは米国でのベース価格3万5000ドル(389万円)に5000ドル(56万円)上乗せされる。そして0-97km/h加速は4.5秒となり、最高速度は225km/h、航続距離は約500kmだ。

マスクによれば、パフォーマンスバージョンでは0-97km/hは3.5秒となり、最高速度は250km/hに引き上げられながら航続距離は同様の約500kmだという。彼はバッテリーの容量やモーターの性能については言及していない。このモデルの価格は7万8000ドル(866万円)で、オートパイロットを除くすべてのオプションが含まれている。

 

人気記事