シトロエン新SUV「C5エアクロス」 快適性重視 プロトタイプに試乗

公開 : 2018.05.30 17:40  更新 : 2021.03.05 21:43

パーソナライゼーション 選択肢が豊富

生産バージョンのC5エアクロスはコンセプトよりもトーンダウンし、シトロエンを象徴するエアバンプはC4カクタスよりもかなり目立たなくなっている。

フロントグリルのデザインは中国専売モデルのC6からインスパイアされ、中国のニーズに合わせて、見える範囲からプラスティックを減らしている。しかし、サイドにはC4カクタスのように、プロテクションが装着されている。

シトロエンのデザイン責任者、アレクサンドル・マルバルいわく、C5エアクロスのデザインは「力強く主張するデザイン」で、「世界中のカスタマーを魅了する」らしい。

C3エアクロスやC4カクタスから始まった広範囲に渡るパーソナライゼーション・オプションは、C5エアクロスでも引き続き準備される。

7色のボディカラーや17、18、19インチのアロイホイール、3種類のカラーパックから好みに応じて選択できる。カラーパックではフロントバンパーやサイドパネルのエアバンプ、ルーフバーがボディと対照的な配色になる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

シトロエンの人気画像