レクサスES初試乗 ハイブリッドのES300h、GSよりも合理的な選択肢に

公開 : 2018.06.12 10:10  更新 : 2018.06.12 10:49

どんな感じ?

カムリとプラットフォーム共有 細かく差別化図る

まずはカムリとの共通点から述べよう。これのせいで、メルセデスEクラスアウディA6のラバルになり得る誠実なラグジュアリーカーとして、ESがGSに劣るというひともいるはずだ。

テネシー州ナッシュベルでレクサスES300hを試乗した際、2018年モデルのカムリと横に並べる機会があったのだが、この2台が似ているのは明らかだった。

実際にレクサスのエンジニア達は、GA-Kプラットフォームを開発する際にカムリとESの両方を考慮し、サスペンションやホワイトボディの一部を共有していると認めた。

しかし、2台には多くの違いもある。ESにはより軽量な素材や強固な接合技術が用いられている。さらに、シャシーのいたるところがパフォーマンス・ダンパーで強化される(グレードによって異なる)。専用のサスペンションも奢られ、キャビンの遮音性も追求されている(ダブルバルブ・ショックアブソーバーやノイズを抑制するホイール設計など)。加えてFスポーツではアダプティブ・サスペンションも装備される。

とはいえ、そのどれもが高級セダンに装備されるハイテク技術のようにはとても聞こえないのも事実だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×