マクラーレン600LT ニュルに現る 最高出力600ps/ロングテール採用

公開 : 2018.06.26 19:30  更新 : 2018.06.26 19:31

マクラーレン「600LT」の最新画像が、届きました。撮影場所は、独ニュルブルクリンク・サーキットです。6月末に登場する見込みの最新の「LT」モデル。最高出力は、600馬力と考えられます。

最新の「LT」モデル 登場へ

発表が近づいている「マクラーレン600LT」が、とうとうニュルブルクリンクに姿を現した。

570Sのハードコア仕様として登場する新モデルが、グリーンヘルを激しくアタックする様子を、カメラマンが捉えたのだ。

6月末に公開予定の600LTは、空力を高めるべくロングテールを採用。3.8ℓ V8ツインターボは600psまでパワーアップすると考えられる。これゆえ、モデル名が600LTになると予想されているのだ。

今回の写真は、これまでになく鮮明に撮影されており、ボディワークの造形やディテールをはっきりと確認できる。リアセクションの下部はエグゾーストが見当たらず、エアロダイナミクスを高めるディフューザーのみで構成。上方排気を採用した排気口は、リアウイングの付け根の前方に見つけることができる。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『マクラーレン600LT ニュルに現る』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ