公道対決 日産GT-R vs フォード・フォーカスRS 後編 回顧録

公開 : 2018.08.15 18:40

現実世界という制約

わたしは依然としてGT-Rがその潜在能力を完全に発揮したらどれだけ速い走りになるか想像もつかなかったが、それは要するにここまでのところは決してそれを試そうとしなかったからだ。考えただけで身震いがする。走行中のほとんどでフル加速を控えさせた唯一のリミッターは、単純にわたしの「良識」だった。

われわれは速く走ったし、その速さはわたしにとってはこの道路の場所を公表するのがはばかられるほどだ。しかしいつでも、そして誰が運転していても、われわれは意識して手綱を引き締めており、このクルマを可能な限り速く走らせたいという自然な欲望をがっちりと抑制していたのである。

だから、どれほどグリップが驚異的にすごくても、どれほど加速が爆発的であっても、どこか網にとらわれたライオンのような欲求不満につきまとわれていた。

フォーカスにはそんな問題はどこにもない。公正のためにいっておくと、低速コーナーの脱出でフォーカスがパワーを路面に伝えきれずにもたつき、GT-Rに一気に離されそうになる局面もあったのだが、それでもはるかに遠慮なく持てる力を存分に発揮できたので、ついていくのは予想したほどにむずかしい作業ではなかった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事