新型BMW Z4デザイナー語る デザイン、こうなったワケ スープラは「無関係」

公開 : 2018.08.25 17:10

BMWの3代目Z4が発表されました。デザインを担当したカルヴァン・ルークに話を聞きました。彼は8シリーズおよびこのZ4がBMWの新たなデザイン言語を作りだすと語ります。今まで以上に運動性能を追求したデザインになっているとのことです。

もくじ

新たなデザイン言語の流れを
運動性能を追求 スポーティに

新たなデザイン言語の流れを

BMWの新生Z4のエクステリアデザイナー、カルヴァン・ルークは、このクルマがBMWのデザイン言語の新時代へとつながる道すじを作っているという。

「Z4と8シリーズに用いられたデザイン言語は、余分なラインを可能な限り減らすことにあります」と彼は説明する。「この哲学は、一対の大胆なラインと、それに組み合わされるソフトなラインで構成されています」

例えば、Z4のくさび形のラインにもソフトなラインが組み合わされているという。

BMWの象徴的なキドニーグリルは、Z4では新たなメッシュが与えられた。これは今後他のBMW車にも採用されるだろう。「BMWのモチーフである垂直なバーは残されていますが、小さな航空機のようなメッシュを取り入れました。これは328ミッレ・ミリアを思い起こさせるものです」と彼はいう。

BMWが用いる「ダブル・ラウンド」ライトをも、上下に並べることで再定義した。「このライトはスケッチの段階で決定されました。これにより、さらにエキゾチックでスポーツカーらしさが出るでしょう。ライトは高く、キドニーグリルは低く配置しています」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事