アキュラNSX(2019年モデル)シャシー改良 鈴鹿のラップ、2秒短縮

公開 : 2018.08.28 06:10

アキュラNSX(2019年モデル)が発表されました。ホンダの聖地、鈴鹿のラップを、約2秒短縮するという改良型。シャシーのハードウェア変更と、ソフトウェア・チューニングの内容が判明しました。画像45枚。

新カラースキーム 実車写真など45枚

ホンダの海外向けブランド、アキュラは、モントレーカーウィークで、2019年モデルのNSXを発表した。

ステージにはサーマル・オレンジ・パールをまとい、新デザインキューを採用したNSXが飾られていた。

フロントグリルや前後の通気口に新しいカラースキームを用いた改良新型は、写真のサーマル・オレンジ・パールに加え、内装のオプションに、インディゴ・ブルー、フルレッドのレザーを設定。

走行性能については、スタビライザーを前26%、後19%強固にした大型のバーに変更。リアのトーリンク・ブッシュは21%引き締め、リア・ハブは剛性を6%高めた。

さらにタイヤは、コンチ・スポーツコンタクト5Pからスポーツコンタクト6に変更している。

ソフトウェアのバージョンアップについても、情報が明らかになった。
 

関連テーマ

 

人気記事