BMW X4コンセプト・デビュー

公開 : 2013.04.05 20:00  更新 : 2017.06.01 01:50

今月行われる上海モーターショーで初公開されるBMW X4が明らかになった。このモデルは、まだX4コンセプトと呼ばれているが、そのデザインは今年で4年目を迎えるX6の影響を強く受けたモデルでもある。また、このX4が実際に生産されることに決定したのは、X6の需要が大きかったことを反映してのことである。

押し出しの強いフロント、大きなホイールハウス、高いウエストラインと浅いグラスハウス、そしてすっぱりと垂直に切られたリア・エンドなど、基本的シルエットはX6に酷似している。

カリム・ハビブの下、デザインが整えられたX4は、トラディショナルなクーペのスタイルと、ハイ・ライディングなオフローダーのスタイルの融合を図ったもの。この新しいルックスは、今後のXモデルすべてに反映されるとハビブは語っている。

もちろん、このX4はコンセプト・モデルであり、実際にショールームに届くまでには若干の手直しがされるはずだ。ヘッドランプのグラフィックや、フロント・バンパー、ミラー・ハウジング、ドア・ハンドルなどはその候補だ。

そのサイズは、全長が4648mmとX6よりも227mm短く、全幅は1915mmと70mm狭く、全高は1622mmと68mm低い。ホイールベースは2810mmとX3と共有する。

このX4は、アメリカのスパータンバーグ工場で生産される。

BMWはまだこのX4のインテリアを公開していない。しかし、BMWの関係筋は、コスト削減のため、X3から多くを流用するとAUTOCARに話している。センター・コンソールにはインフォテーメント・ヘッドユニットが配置され、シートはX6同様にリアが2シーターとなるレイアウトだ。3シーターとなるリアはオプションとなる。また、荷室容量も公開されていないが、BMWのインサイダーによればX3より50ℓ少ない500ℓ程度となるとしている。

上海で公開されるX4コンセプトはスタイル・モデルであって、ドライブトレーンを持っていない。生産版は、4気筒および6気筒のガソリンおよびディーゼル・エンジンと、6速マニュアルまたは8速オートマティック・ギアボックスの組み合わせとなろう。そのラインナップは、基本的にはX3のものを受け継ぎそうだ。

242bhpの2.0ℓ4気筒ガソリン・ターボ、302bhpの3.0ℓ6気筒ガソリン・ターボ、184bhpの2.0ℓ4気筒ディーゼル、306bhpの3.0ℓ6気筒ディーゼルなどが予定されている。また、プラグイン・ハイブリッドも開発中だ。これは3シリーズのアクティブ・ハイブリッドを流用したもので、302bhpの3.0ℓ6気筒と54bhpのモーターの組み合わせだ。

価格は、X3よりも3,000ポンド(44万円)ほど高くなる予定で、X4 xDrive20dが35,000ポンド(516万円)ほどとなるだろう。そのセールスは、X6が1年目で50,000台を販売しているが、それを上回るとBMWでは予想している。

このX4のラインナップ追加によって、BMWの4WDモデルは5ラインナップとなった。しかし、これが最後ではない。2016年により小さなX2を登場させるために準備は既に進行中だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事