アウディA4/A4アバントの装備、仕様を一部変更

2013.04.16

アウディ ジャパンは、A4シリーズの一部装備、仕様を変更し、4月16日より販売を開始する。

Audi A4シリーズは、世界的なベストセラーモデルであり、日本国内でも2008年の導入以来、高い人気を誇るプレミアムミッドサイズセダン及びアバントモデル。スポーティかつエレガントスタイルで、高次元のコンフォート性能と卓越したドライビングパフォーマンスを両立している。

今回の仕様変更にでは、A4/A4アバントのエントリーモデルである 2.0 TFSI および2.0 TFSI クワトロに、フロントシートヒーターとリアビューカメラ付きAPS(アウディパーキングシステム)を標準装備としている。さらにレザーシートをオプションで設定。従来から設定されていたSEパッケージ(レザー仕様 + ウッドパネル)を選択すれば、より上質なミラノレザーを用いたフルレザー仕様のシートを装着することも可能となった。

価格は4,400,000円から5,410,000円まで。

関連テーマ

 
最新国内ニュース