初代NSXのコンセプト「NS-X」、登場から30周年 アキュラが記念イベント

公開 : 2019.02.07 06:10  更新 : 2019.02.07 18:38

NSXの登場を示唆する「NS-Xコンセプト」が発表されたのは、1989年2月。30年目を迎える今年、シカゴ・ショーでイベントが開催されます。

シカゴ・ショーに、アキュラが帰ってくる

ホンダの北米向け高級車ブランド「アキュラ」が、今週のシカゴ・オートショーで、アキュラNSXの30周年を祝う。

1989年2月9日は、ザ・ドレーク・ホテルで「NS-X」コンセプトが報道向けに発表された日だ。そして第81回シカゴ・オートショーのアキュラ・ブースを舞台に、初代NSXの登場を示唆するこのモデルが、世界に向けてお披露目される。

欧州メーカー製ではないミドシップ・エキゾティックカー。高回転のエンジン、軽量なボディ、世界初のオール・アルミニウム・モノコックという高い性能。さらにはデイリーユースをこなせる快適性が加えられたスポーツカーの登場である。

この特別なマイルストーンを祝し、アキュラが今年のシカゴ・オートショーに帰ってくる。NSXの起源と自動車業界に与えたインパクトをディスカッションし、2代目NSXの役割を問うイベントとなるだろう。

今週開催されるショーを前に、初代/2代目NSX(2019年モデル)が共演する写真、1989年のシカゴ・ショーの様子などがアキュラから公開されたので、あわせてご覧いただきたい。

関連テーマ