BMW i4 寒冷地テスト目撃 グランクーペと共通点多く 敵はテスラ・モデル3

公開 : 2019.02.08 11:20

BMW i4を、ふたたび目撃。今回は寒冷地テストの様子です。次期型4シリーズ・グランクーペと共通点が多いと見られるいっぽう、ルーフ高も最低地上高もi4より高いようです。

i4、4シリーズ・グランクーペと共通点多く

次期型4シリーズ・グランクーペの電気自動車バージョンが再び目撃される。今回は寒冷地でテストしている様子をスパイカメラマンが捉えた。

BMWの電気自動車「i4」の開発は順調に進んでいるようだ。新たに入手したスパイショットの写真には、この4ドア・クーペが寒冷な環境の中でテストする様子が写っている。

前回撮影されたプロトタイプと同様、この新型EVの外観には最新の3シリーズとの明らかな関連性が見られる。同時にi4は、次期型4シリーズ・グランクーペと車体の設計を少なからず共有することになる見込みだ。

しかし、横から撮った写真を見ると、この新型EVは現行の4シリーズより背が高い(ルーフ高も最低地上高も)ことがわかる。]

これは長い航続距離を実現する大量のバッテリーを収納するため、フロアが嵩上げされているからだと推測できる。

他にこのクルマがi4であることを表す印は、塞がれたフロント・グリル、偽装のために設けられダミーのエグゾースト、そして法的に義務づけられた「電動試験車両」のステッカーなどだ。

このテスラ・モデル3の競合車は、BMWが今後2〜3年に向けて急速に拡大しようとしている電動iモデルの1台として、2021年に発売が予定されている。

関連テーマ