いま運転の楽しいEVは? 2022年ベスト ポルシェ・タイカン GTSかBMW i4か? 英編集部選TOP 11(5)

公開 : 2022.10.16 08:26

ドライバーズカーと呼べるEVは? 魂を震わせる感動は得られるのか? 英編集部が優れた11台を比較し2022年の頂点を選出しました。

指先や背中、身体に伝わるすべてがポルシェ

シンプルなシングルモーターで背の低いサルーン・フォルムのBMW i4 eドライブ40には、キアEV6 GTのような荒削り感は皆無。重心位置の低い、一貫した好ましい操縦性を実現している。

BMWへ試乗した編集部員の誰もが、自然、ナチュラル、といった言葉を口にしていた。ステアリングホイールには内燃エンジンのBMWへ通じる手応えがあり、適度にクイック。シャシーのバランスに優れ、高いグリップ力で先を急げる。

レッドのポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモと、グレーのBMW i4 eドライブ40 Mスポーツ
レッドのポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモと、グレーのBMW i4 eドライブ40 Mスポーツ

アクセルペダルの操作でコーナリングラインを調整できる、遊び心も宿っている。EV6 GTより懐が深い。特に公道の速度域では、洗練性や快適な乗り心地、適度なパワー感が融合し、パワフルなi4 M50より印象は優れていると思う。

そんな2位のBMW i4や、キア EV6 GTをもってしても、ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモの牙城は崩すことができなかった。現時点の高性能BEVのベストは揺るがない。目をつぶり耳栓をして乗ったら、ポルシェだとわかる個性がそこにはある。

素晴らしく滑らかなステアリングに、しなやかでありながら引き締まった姿勢制御を両立させた、素晴らしいシャシー特性を生むサスペンション。指先や背中、身体に伝わるすべてがポルシェだと教えてくれる。

クロフト・サーキットのコーナーを、素早く正確に、アンダーステアの予兆を見せながら旋回していく。後輪操舵システムが、効果的に機能していることも明らかだ。

回生と摩擦のバランス取りに課題

高速コーナーでもヒタヒタとラインを辿り、ドライバーへ自信を与えてくれる。迫るストレートに向けて、脱出加速の準備を整えるように。ステアリングホイールとアクセルペダルを操れば、ラインを調整することも難しくない。

公道では大柄なボディに気が付くものの、敏捷さと緻密さで、ひと回り小さく感じられてくる。洗練された動的能力を、許される限り普段の道で発揮できる。

レッドのポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモと、グレーのBMW i4 eドライブ40 Mスポーツ
レッドのポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモと、グレーのBMW i4 eドライブ40 Mスポーツ

2295kgという質量も、巧みなシャシー制御で包み隠す。限界を超えた急旋回を求めて初めて、グリップからスリップへ転じた時に、BMW i4より170kg重い事実を実感する。

それでは満点での勝利か、と聞かれれば、ノーといわざるを得ない。今回ノミネートした11台のすべてがはらんでいた課題でもある。ブレーキが、ドライバーズEVとしての楽しさを損なっていた。

確かに日常的な利用条件では、まったく問題ない。攻め立てていくと、回生ブレーキと摩擦ブレーキとのバランス取りに、改善の余地があると見えてくる。突然急に制動力が高まる例もあれば、感触が安定しない例もあった。

サーキットのように、ブレーキングポイントをハードに探る場面では顕著。滑らかな停止にも影響する。

価格にも触れるべきだろう。エネルギー密度の高いバッテリーは安くない。勝ち残った3台で最も安価なのはi4 eドライブ40で、5万4980ポンド(約907万円)。1位のタイカン GTS スポーツツーリスモは、10万7000(約1765万円)に達してしまう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジェームス・ディスデイル

    James Disdale

    英国編集部ライター
  • 撮影

    マーク・アンドリュース

    Mark Andrews

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

いま運転の楽しいEVは? 英国編集部が選ぶ2022年のドライバーズEV TOP 11の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事