改良新型メルセデス・ベンツGLC、新エンジンに ジュネーブでマイチェン型公開

公開 : 2019.02.28 11:25  更新 : 2019.02.28 20:14

改良新型GLC:内装

インテリアは、従来型の方向性を踏襲しながら、MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を搭載。これ以外にもタッチコントロール機能をスポーク部に備えたステアリングホイール、12.3インチのインフォテインメント・ディスプレイを装備した。

これまで左右のフロントシートの中間に設置されていたロータリーコントローラーは、大型タッチパッドに換装されている。欧州仕様ではボイスコントロールをオプションで設定した。

人気の高いAMGラインではスポーティなシートとAMGデザインの特別加飾が適用される。

また運転支援機能については、アクティブ・ディスタンス・アシスト・ディストロニックを搭載。車速をモニターし、交差点やコーナーにおいて自動ブレーキシステムを介してスピードを自動制御する。

こうしたアップデート以上に今回のフェイスリフトで注目したいのが、エンジンの変更である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事