AUTOCARアワード2019 英国ベストドライバーズカー/ユーズドカーヒーロー/お手ごろドライバーズカー/読者投票部門

公開 : 2019.06.01 08:50  更新 : 2019.06.03 08:54

AUTOCARアワードには、ベストドライバーズカーやユーズドカーヒーロー部門など、さまざまなカテゴリーが存在します。それぞれのカテゴリーで受賞を果たしたのは、いずれ劣らぬ素晴らしいモデルであり、自動車世界の奥深さに感謝するとともに、読者の見識にも感服です。

もくじ

英国ベストドライバーズカー部門 マクラーレン600LT
ユーズドカーヒーロー部門 フォルクスワーゲン・ゴルフ
お手頃ドライバーズカー部門 フォード・フィエスタST
読者投票部門 ロータス・エリーゼ

英国ベストドライバーズカー部門 マクラーレン600LT


ロードテスターの間では、単に「ハンドリングデー」と呼ばれる英国ベストドライバーズカー選手権は、その名が示すとおりのものであり、つねに強力なライバルがひしめくなかから、ただ1台の勝者を決めるのは、複雑で骨が折れ、且つ非常に悩ましい作業となっている(そして、もちろん非常に楽しい)。

ノースウェールズの美しいアングルシー・サーキットで開催された昨年の選手権では、ポルシェやロータス、フェラーリ、ジャガー、フォード、BMW、アウディ、そしてアストン マーティンといったブランドから最高のマシンが集まり、非常に厳しく、記憶に残る戦いが繰り広げられることとなった。

そんななかでも、忘れてならないのは、アルミニウム製ボディを纏ったアルピーヌA110であり、このクルマは、過去30年間で最高の、誰もが魅了されるスポーツカーであり、おそらくこんなことは、初代911以来だろう。

だが、そんな優れたモデルたちも、マクラーレン600LTには敵わなかったのであり、ロードテストエディターのマット・ソーンダースは、長い3日間を終えた後、「このマクラーレンと同じくらいの落ち着きと正確性を備えつつ、ドライバーに深い繋がりと自信を感じさせ、そして公道でそのパワーを発揮しようと思わせる600psクラスのスーパーカーなど、このクルマだけかも知れない」と話している。

サーキットのラップタイムでは、720psのフェラーリ488ピスタが上であり、パワーで劣るマクラーレンには、惑星間移動のような速さは備わっていなかったかも知れないが、それも、ドライバーとの繋がりやペース、さらにはフィードバックといったものが、そうしたものを補っていた。

このウォーキングが送り出したスーパーカーを速く走らせるためのコツは、まるでミニカーを手で操るように、各コーナーのアペックスへと正確にアプローチすることであり、そうすれば、公道モデルとしては、もっとも純粋なドライビングを味わうことができるだろう。

アルピーヌA110だけでなく、BMW M2コンペティションやフェラーリ488のように、より印象に残る派手なハンドリングを見せつけたモデルもあったが、マクラーレンはそうしたすべてのライバルたちを上回るパフォーマンスを発揮している。

600LTに対する他のテスターからの賛辞はよりシンプルなものだった。あるテスターは、「600LTは衝撃的なモデルであり、ターボの回転上昇とともに、驚くべき速さを発揮する。そのシートポジションと進行方向に正対していると感じられるところが気に入っており、ドライバーとの繋がりを感じさせるステアリングフィールも素晴らしい」とコメントしている。

ハンドリングデーのベテランでもあるアンドリュー・フランケルはさらに詳細を述べつつ、このマクラーレンの実力を発揮させることが、どれほど価値のあることかについて説明する。

「ハードに攻め、ブレーキをギリギリまで遅らせて、エンジン回転数を高く保ちつつ、ブレーキを残したままでコーナーへと進入し、若干のオーバーステアに持ち込んだなら、荷重の掛かったフロントを信頼するんです」と、フランケルは話す。「ドライビングの練習をすればするほど、LTは応えてくれます」

最終的に、マクラーレンは、250点満点の合計スコアで、わずか2点差という僅差でフェラーリに勝利しているが、それでも、この勝利が驚くべきものであることに変わりはない。

事実、600LTはウォーキングのマシンとしては、比較的手ごろなモデルの1台に過ぎないかも知れないが、素晴らしいサーキットマシンであり、卓越したロードモデルとして、2018年のベストドライバーズカーの座に輝いている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事