新型メルセデス・ベンツGLAを目撃 発売は2020年 Aクラスと基本を共有

公開 : 2019.05.30 18:40

メルセデスから今後、Aクラスと横置きエンジン用プラットフォームを共有するモデルがいくつか登場する予定です。その中には小型
クロスオーバーの新型GLAも含まれます。Aクラスより明らかに車高の高いプロトタイプが現在テスト中です。

もくじ

ライバルはアウディQ2やフォード・フォーカス・アクティブ
AMGチューンのGLA45やGLA35も遅れて登場

メルセデス・ベンツはコンパクトカーのラインナップをさらに拡大しようとしている。

その1つである第2世代のGLAがテストしている様子をカメラマンが捉えた。正式発表は9月のフランクフルト・モーターショーになる見込みだ。

新型GLAは、Aクラス・ハッチバックやAクラス・セダン、CLAの4ドアクーペとCLAシューティングブレーク、そしてMPVのBクラスなどと共に、メルセデスのMFAプラットフォームを使ったモデルとなる。

さらにその上には、同じプラットフォームを共有する最も大型のモデルとして、BMW X1やアウディQ3に対抗するGLBが間もなく登場する予定だ。

これによってGLAは、アウディQ2やフォード・フォーカス・アクティブなど、もっと小型のコンパクト・クロスオーバーが相手となる。

今回撮影された最新のスパイ写真を見ると、新型GLAも先代と同様、エクステリア・デザインの多くをAクラスと共有するようだ。

車高はかなり高いが、最低地上高だけでなくボディ自体もずんぐりしているように見える。特にこのプロトタイプではリア部分にそれがよく現れている。

関連テーマ

人気テーマ