BMW、グリルの大型化なぜ ひとを惹きつけるか? 英国編集部は疑問視

公開 : 2019.06.10 11:30

BMWの新型X7と7シリーズを最初に見たとき、多くのひとはこう思ったはず。「グリルがでかい」と。いったいなぜこうなったのか。英国版AUTOCARの総合編集長であるマット・プライヤーが考察します。

もくじ

衝撃的な新型BMWのフロントグリル
どうしてグリルが大きくなったのか?
「挑戦的なデザイン」はひとびとを惹き付けるか?
グリル拡大 考えられる理由は1つだけ

衝撃的な新型BMWのフロントグリル

今週の「彼らは何を考えていたんだ?」ニュースをお届けしよう。提供はBMW。執筆は、わたし英国版AUTOCAR総合編集長のマット・プライヤーだ。

昨日、わたしは同僚が撮影してきた新型BMW X7の写真を見た。それからすぐ、実際に路上で、新型7シリーズとすれ違った。

写真を撮影したプロのカメラマンは、なんとかしてこの新型を見たひとが受ける衝撃と恐怖を最小限に抑えようと、適切な照明をセットして、最適な角度から(後ろから撮るのがベストだ、ということをわたしは発見した)、その姿をレンズに収めようとした。

そう、問題はBMWが最近こだわっているらしい巨大なフロント・グリルだ。

これを見た時に感じたことを表す最適な言葉を、わたしはずっと考えている。今のところ、思い付いたのは「恐ろしい」という言葉しかないのだが、それがBMWの開発テーマだったのだろうか。

新型X7と7シリーズのノーズを見た時、わたしは思わず顔をしかめた。それはちょうど、スポーツで起きたぞっとするような事故の映像が繰り返し放映されるのを目にした時と同じような感じだった。

まさに、痛々しい姿になったクルマとしか言い様がない。