画像で紹介 奇抜なインテリアのコンセプトカーたち 22選 前編

公開 : 2019.06.16 05:50

オールズモビル・インカス(1986年)

オールズモビルはアメリカでもそれほど先進的ブランドとしては捉えられていなかったが、1986年のインカス・コンセプトで状況は一変した。イタルデザインによって製作されたミドエンジンの4ドア車で、ソファーのようなシートによる快適性と戦闘機のようなコクピットが特徴だ。

ステアリングホイールは多数のボタンが装着された操縦桿のようなものに置き換えられている。1980年代には、ビデオゲームで育った世代はこの方式を好むとの調査結果が出ていた。走行状態などはダッシュボードに装着されたワイドスクリーンに表示される。

しかしオールズモビルはこれを市販化することはなかった。2019年現在においても、ビデオゲーム世代は今まで通りのステアリングで運転しているが、ワイドスクリーンの使用は徐々に浸透してきている。ホンダ・エレクトリックEやBMW iネクストもこのレイアウトを採用することになりそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×