新型メルセデス・ベンツGLE 3列シート標準化 サイズ/内装/日本価格は?

公開 : 2019.06.19 11:00  更新 : 2019.06.19 11:27

新型GLEのエクステリア

新型GLEのエクステリア・デザインはメルセデス・ベンツのデザイン思想「Sensual Purity(官能的純粋)」を具現化し、細かなエッジやラインを減らして面を強調するなど、本質的に重要なものだけを残す最近のトレンドといえるデザインでまとめられている。また、長いホイールベースと短いオーバーハング、ボディ幅いっぱいまで張り出した大径ホイールを備え、走破性の高さを体現する。ホイールアーチもそれまでの円形から台形とされ安定感をより強調する。

フロント部分ではヘッドライトが一連のデザインとされ、旧型では左右と中央で分割されていたロア・インテークは一体化。中央部分が上下2分割構造となりクローム仕上げのアンダーガードがSUVとしての存在感を放つ。

今ではメルセデス・ベンツの各クラスにSUVモデルが用意されるようになったが、そのパイオニアであるMクラスの直系といえるGLEだけに、アイコンといえるCピラーで分断されて独立したクォーター・ウインドウのモチーフは新型にも受け継がれた。

欧州仕様参考値のサイズは下記のように発表されている。

・全長:4924mm
・全幅:1947〜2022mm(ミラーを含まず)
・全高:1772〜1797mm
・ホイールベース:2995mm

新型GLEのエアロダイナミクスは、テールゲート上のスポイラーを始め、大面積のボディ・アンダーパネルとプロペラシャフトトンネルのパネル、面一にされた燃料タンクカバー、リアアクスルのエアロダイナミックカバー、空力特性を最適化したディフューザーにより、このセグメントのトップとなるCd値0.29を実現している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事