BMW 1シリーズGTにロング・ホイールベース版

公開 : 2013.06.04 12:29  更新 : 2017.06.01 01:54

BMW 1シリーズGTは5シーター版と7シーター版、それぞれに異なるホイールベースを持つことになりそうだ。メルセデス・ベンツBクラスに対抗して2014年にデビューする予定の1シリーズは、新しいFWDユニットを搭載する。

標準的なホイールベース・バージョンは、2012年のパリ・モーターショーでBMW コンセプト・アクティブ・ツアラーとして発表されている。ロング・ホイールベース・バージョンは、リア・ドアとルーフが延長され、その延長したスペースをリアの居住性の拡大に配している。

このロング・ホイールベース・バージョンは2015年に追加される予定で、まずは2014年のジュネーブ・モーターショーで標準ホイールベース・モデルが登場する予定だ。

メルセデス・ベンツは第2世代のBクラスのロング・ホイールベース・バージョンの計画は中止したが、BMWは1シリーズにロング・ホイールベース・バージョンを追加することとした。この決定は、とりわけ、中国、ロシア、そしてアメリカでの販売に優位になるはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像