フォルクスワーゲン・ゴルフRの最新スクープ

公開 : 2013.06.12 20:00  更新 : 2017.06.01 02:00

フォルクスワーゲンは、そのゴルフの歴史の中で最も強力なモデルである286bhpを発揮するMk7のゴルフRを開発中だ。既にニュルブルクリンクでテストしている風景はお伝えしたが、今回の最新のスクープ・ショットはアルプスの山中でのテスト風景だ。

このゴルフRの登場でゴルフのラインナップは完成することになるが、そのデビューは9月のフランクフルト・モーターショーになるようだ。

その2.0ℓのTSIエンジンはアウディS3と密接な関係にあり、286bhp、38.7kg-mのパワー、トルクを発揮する。0-100km/hは5.0秒、再高速道は250km/hというパフォーマンスを発揮する。

フォルクスワーゲンはゴルフRのエグゾースト・ノートをよりスポーティにチューニングしている。また、このゴルフRは新しいハルデックス5を使用する4 Motion(4WD)だ。また、電子制御のディファレンシャルも装備する。

ゴルフRは、ライトウエイト・アロイ・ホイールやブレーキを含め軽量化が徹底されており、その重さは1200kgになるという。旧い267bhpのゴルフRよりもパワー・アップしているにもかかわらず、その経済性は14.3km/ℓの燃費と、163g/kmのCO2排出量となっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲン ゴルフの人気画像