DS3クロスバック、日本試乗 価格/サイズ/内装を評価 小型SUVに “DSらしさ” の調和

公開 : 2019.08.02 21:20  更新 : 2021.01.30 22:10

どんな感じ?

内装 ドア/後席の評価は?

悪路走行への配慮は最低地上高だけではない。ドアパネル形状も気配り設計である。

DS3クロスバックのドアは下方に広く、閉めた状態でサイドシルを覆うように設計されている。SUVのように高い座面地上高のクルマは乗降時の足着きが車体に近くなりやすく、脹ら脛(ふくらはぎ)部がサイドシルと接触しやすい。サイドシルが汚れていればどうなるかは容易に想像できるだろう。

なお、本格オフローダーはこういったドア設計を採用しない。下打ちした時のドア開閉の障害要因となる可能性もあるし、汚れを嫌う服装で乗るタイプのクルマでもない。

後席は狭い。ヘッドルームは確保されているが、ニースペースは成人男性の必要最低限、あってプラスα程度。サイドウインドウ開口も狭い。ドア開口幅が狭いので乗降もちょっと窮屈。座り心地がしっかりしているのは救いだが、4名乗車を前提とした居住性ではない。

後席使用時でも深さを活かして荷室容量は十分。2名乗車前提ならレジャー用途も無理がない。

意外だったのは走りである。何と言うか、いい感じに「普通」なのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×