BMW 6シリーズ・グランツーリスモ、改良新型が2020年デビューへ カタログ落ちは免れる?

公開 : 2019.08.15 18:50

5シリーズと共に、BMW 6シリーズ・グランツーリスモが、2020年にマイナーチェンジを受ける見込みです。ただし米国ではSUV人気に押され、先日販売終了が決まりました。

もくじ

欧州向け 「モデルライフの間」は廃止せず
プラグインハイブリッド追加は?

欧州向け 「モデルライフの間」は廃止せず

2020年モデルでフェイスリフトを受けるBMW6シリーズ・グランツーリスモ。路上でテストを行っているプロトタイプが目撃された。数日前に、米国では販売終了が発表されたばかりである。

アウディA7のライバルであるBMW 6シリーズ・グランツーリスモは、3シリーズ・グランツーリスモと共に北米市場では販売終了が決まった。後者に関しては、3シリーズが既に新型に移行しているため予想できたことだが、新型3シリーズをベースとするグランツーリスモは作られない可能性が高い。

「改良新型の開発が進む6シリーズ・グランスーリスモ」
「改良新型の開発が進む6シリーズ・グランスーリスモ」

市場のスキマを狙った6シリーズGTは、世界中でその居場所を見つけることに苦戦している。特にSUVに人気が集中している米国市場はこのクルマに対して薄情だ。7月にはわずか65台しか売れていない。これに対し、X5は同期間に3800台も購入されている。

同じ7月に、欧州全域では428台が登録された。BMW英国法人の広報担当者は、6シリーズGTを「モデルライフの間に」廃止する計画はないと、AUTOCARに認めている。

プラグインハイブリッド追加は?

6シリーズGTは5シリーズや7シリーズと部分的にプラットフォームを共有するため、同じようなアップデートが施される見込みだ(2020年モデルの5シリーズは先日、テスト中のプロトタイプが目撃されたばかり)。つまり、外観は同じ流れに沿ってスタイリングが変更され、iドライブ・システムのアップデートなど、テクノロジー面も改良を受けるだろう。

すべてのガソリン・エンジンは、微粒子フィルターを装着するなど、環境性能の改善が図られる。

「改良新型の開発が進む6シリーズ・グランスーリスモ」
「改良新型の開発が進む6シリーズ・グランスーリスモ」

BMWが力を入れている電動化の一環として、新しいプラグインハイブリッド仕様が加えられる可能性もある。来年の発表が近づけば、さらなる詳細が明らかになるだろう。

関連テーマ

 

人気記事