MG3は今秋発売

公開 : 2013.06.25 17:00  更新 : 2017.06.01 02:16

今週発売が予定されているヨーロッパ・スペックのMG3のインテリアが明らかになった。

「上流志向でアクセスしやすい」インテリアだと、デザイン・ヘッド、トニー・ウイリアムズは語っている。そのインテリアは中国スペックを進歩させたものだ。

「良いデザインというのは、正直なデザインである。」という結論に達したとウイリアムズは言う。「時間を超越したシンプルさを追求した」のだという。

バターンがプリントされたファブリック・シートから、本革シートまで3つのトリムが用意される。エントリー・モデルは£10,000(150万円)からで、上位2トリムは、エアコン、DABラジオ、ブルートゥース接続が標準となる。

ボディ・カラーは10色のうち3色が発表時には用意され、10このスタイリング・パックがオプションとなる。スタイリング・パックは、ユニオンジャックや、RAFサークル、そしてコンピュータ・ゲームにインスピレーションを受けたスマイリー・フェイスなどが屋根にプリントされる。そのデザインは、ロングブリッジにあるMGヨーロピアン・デザイン・センターのデザイン・ヘッド、マーティン・アラーリクによってデザインされたもの。

親会社SAICは上海に130人のデザイナーを抱え、ヨーロピアン・デザイン・センターにも30人のデザイナーが在籍しているという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事