ポルシェ・タイカン、ニュルブルクリンク北コースで7分42秒 9/4発表が有力視

公開 : 2019.08.27 11:08  更新 : 2021.02.10 17:27

ポルシェ初のEV「タイカン」が、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)にて7分42秒のラップタイムを記録。電動4ドアスポーツカーの新基準となりました。

ポルシェタイカン、どんなクルマ?

ポルシェ・タイカンは、ポルシェ初のEV。2つのモーターを前後のアクスルに備える4輪駆動モデルだ。

一方のタイヤが空転した場合、電気モーターが瞬時にもう一方のタイヤを作動させる。

ポルシェ初のEV「タイカン」
ポルシェ初のEV「タイカン」

史上初めて800Vシステムを備えた車両でもある。これまでの電気自動車は400Vが一般的。

ポルシェは「これによりタイカンは高いレベルでパフォーマンスを安定的に発揮することができます」と胸を張る。

発表は9月4日と有力視されている。

ノルドシュライフェで記録 7分42秒

ポルシェ・タイカンはニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)においてフル電動4ドアスポーツカーの新たな基準を打ち立てた。

タイカン・プロトタイプを運転したポルシェのテストドライバー、ラース・ケルンは7分42秒のラップタイムを記録。20.6kmにおよぶサーキットはタイムアタックのコースとしても知られる。

ニュルブルクリンク北コースで7分42秒のラップタイムを記録した。
ニュルブルクリンク北コースで7分42秒のラップタイムを記録した。

開発の初期段階からノルドシュライフェのテスト走行をシミュレーターで重ねてきたという。これによりバーチャルなサーキットでの評価とテストを行うことができる。

24時間テストで3425km走破も

今回のテストにおける目的の1つは、ラップタイムに大きく影響する電力エネルギーの温度管理プロセスを知ることだという。

タイカンはサーキット走行と耐久走行の両方をこなしている。プロトタイプはナルド(イタリア)の高速テストコースでの24時間テストで3425kmを走破。これはナルドからトロンヘイム(ノルウェー)までの距離とほぼ同じである。

タイカン24時間テストの模様。
タイカン24時間テストの模様。

テストの最中、タイカンが停止したのはドライバー交代と急速充電時のみだったという。

南イタリアのテストは195km/hから215km/hで走行が続けられた。最高気温は42℃、路面温度は54℃に達する状況で「プロトタイプはその耐久性能を市販開始前に実証しました」とポルシェはいう。

0−200km/h加速を26回連続で実施

7月末には、タイカンのプロトタイプが滑走路において0−200km/h加速を26回連続で行なっている。

平均所要時間は10秒以下、一番早いタイムと遅いタイムの差は0.8秒だった。

偽装が施されているポルシェ・タイカン。
偽装が施されているポルシェ・タイカン。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェの人気画像

×